毛抜きタイプの家庭用脱毛器を使用した失敗した話

普段のムダ毛を処理する際にはカミソリを使用していましたが、カミソリだと腕は綺麗に剃れるのですが膝下や脇などの毛が硬い部分はうまく剃ることができなくて悩んでいました。

 

毛の断面が目立つというか、黒くポツポツとしてしまうのです。エステやクリニックなどでの脱毛も検討しましたが、金銭的な余裕や時間もないので利用は難しいかなと諦めていたのです。

 

そこで目をつけたのが家庭用脱毛器でした。家庭用脱毛器ならば自宅にいながらムダ毛処理ができるので時間にも余裕ができます。
しかし問題は費用で、光を使った脱毛器はかなり高価でちょっと試してみるには難しい価格だったのです。

 

この方法も駄目かと思ったのですが、調べてみると毛抜きタイプの家庭用脱毛器ならば比較的安価で購入できることを知り、それを試してみることにしました。

 

毛抜きタイプの家庭用脱毛器は痛い?

 

初めて使用したときはちょっとした恐怖心もあったのでソフトと呼ばれる低速で使ってみたのですが、思っていたよりも痛みが強くて少し驚いてしまいました。

 

毛を抜くのだからそれなりに痛みがあるのは覚悟していたのですが、それよりもう少し痛かったので見通しが甘かったなと少し反省しました。何もせずに使ったのもまずかったのでしょう。

 

右足をざっと処理したところで、毛を抜いた部分がポツポツと赤くなっていることに気が付きました。特に事前のケアもせずに無理やり抜いたので、毛穴が炎症を起こしているのかもしれません。

 

これは良くないぞと思い一度中断し、後日再びチャレンジすることにしました。

 

再度挑戦してみた際、温めたほうが毛穴が開いて良いだろうということで、蒸しタオルを処理したい部位にしばらく当ててから使ってみることにしました。すると以前よりも痛みが少なく、赤みもあまり出なかったのでやはり温めたほうが良いのだなと納得しました。

 

その時には失念していたのですが、泡を使っても大丈夫なものだったのでその後はお風呂で使うのがデフォルトとなりました。お風呂の外で行うよりも楽に毛が抜けるような気がして、始めからこちらで試せばよかったなと思いました。

 

ここで少し興味深かったのが、低速よりも通常回転のほうが痛みが弱かったということです。普通は逆だと思うのですが、感じ方には個人差があるのかもしれません。

 

しかし毛を抜くという行為は肌への負担が強いため、なるべくならば使わないほうが良いのでしょう。
お金や時間に余裕があるのならば、フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器やエステなどで脱毛してもらったほうが肌のためには良いのかもしれませんね。