医療レーザー脱毛の回数や脱毛効果や痛みなど

毛深くてムダ毛に悩まされている人は、毎日、カミソリでの剃毛したり、除毛クリームで何とか肌をきれいに見せていることでしょう。

 

しかし、このような方法は、どうしても繰り返しの連続で煩わしい処置を数日おきに繰り返さなければなりません。いっそのこと、脱毛処理を受けることがいいのではと思います。
ただ迷うのは、エステサロンでムダ毛処理を受けるか、脱毛クリニックで受けるかです。

 

エステサロンでは、光脱毛による処理で痛みがほとんどないのが特徴です。
しかし、クリニックのレーザー脱毛とは異なり、光のバワーが抑えられているために、光脱毛は体毛の再生を促す毛母細胞まで破壊することができません。

 

したがって、数回の脱毛処理が終わった時は、ムダ毛なくなるというよりも、薄くなる減毛処置と言った方が正しいのです。

 

一方のクリニックの医療レーザー脱毛は、出力が強いために毛根再生の細胞を完全に破壊できるために、そのムダ毛が生えてくることは、ほぼないのです。

 

ただ、よく誤解させるのは、医療レーザー脱毛でも、年に数回の施術が必要なことです。
「それって、本当に細胞が破壊されていないんじゃない?」思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。

 

レーザー脱毛も回数が必要な理由と効果

 

年に数回、処置が必要な理由は体毛の発育サイクルにあるからです。
体毛の発育サイクルは、成長期を経て、休止期、退行期と移行して、再び成長期を迎えていきます。

 

このサイクルの中で、成長期のタイミングでレーザーを照射しないと脱毛は効果がありません。
休止期や退行期の体毛に照射しても、発育細胞を破壊することができないのです。 

 

しかし、人の体毛のサイクルは1本毎に異なるために、ある部分は成長期、ある部分は休止期となっていて1度のレーザー照射では、完全に破壊することができないことから、再び体毛が再生せれてくるわけです。

 

このようなことから、医療レーザーでも脱毛が完全に終えるまで似数回の施術が必要となってきます。ただ、完了した後は、永久脱毛が期待できます。

 

しかし、クリニックの光脱毛と比べて、少し痛みが伴うことも事実。我慢できないレベルの意味なので、実際にはあまり抵抗感の低い脱毛法ではあります。

 

また、出力が強いために、皮膚に軽い火傷をしてしまうケースも人によっては若干ながら引き起こしてしまうケースもあります。

 

但し、脱毛クリニックは病院でもあるし、レーザーを脱毛は医療行為の延長のために、皮膚のトラプルが発生したとしても、アフターケアが万全なので安心して施術を受けることができます。

 

したがって、レーザー脱毛を考えようとしている人は、まずクリニックでしっかりと事前のカウンセリングを受けて、始めるべきかなどうかを見定めてもいいかと思います。